ちょっと待って!自分の中で留学する理由・意味を決めてる?

目次

留学をする意味

留学をする前に考えて欲しいことがあります。

それは、あなたの人生を通してなぜ今、このタイミングで留学しないといけないのかということです。

それが見栄やなんとなくだと正直あまり得られるものが対価の割には少ないかもしれません。

留学は、10代、20代と言う2度と戻ってこない大切な時間のうちの数年を使い、しかもかなりの大金を費やすことになります。

果たして、あなたは何を留学で得たいのでしょうか?そして、なぜ今のタイミングなのでしょうか?

そこをしっかりと自分の中で決めて、目標意識を持って留学を決めた方が絶対にいいです。

留学をすれば何とかなると言う勘違い

留学をすれば、自分が変われる。と思っている人がいます。

確かに言葉も、文化も異なるところに単身で乗り込むと言うことは自分を大きく変えてくれます。

それは間違いありません。

ただし、何もしないで変わるはずはありません。

言語の壁

文化の壁

日本人という、外国人としての壁

さまざまな壁とぶつかって、葛藤し、乗り越えることにより、新しい自分になれると思います。

ただ、それには痛みを伴います。

留学は楽しいと思う反面、辛いこともあるし、それを乗り越えるためには留学を決意した初心をしっかりと固めて、最後まで忘れずに乗り切る気概が一番大切でそれを持って進んだ方がより充実した留学ライフを送れると思います。

留学を後悔している人なんているのだろうか

僕は留学できるなら、1日でも早くした方が良いと思っています。

なぜこのタイミングなのかと問えと言いましたが、それは20歳後半や30歳過ぎなど、抱えるものや守るべきものが沢山出来てしまった人へのメッセージです。

もしあなたが10代、20代前半なら、行けるなら行ってしまえと思います。

10代、20代前半ではやりたいことが決まっている人の方が少ないでしょう。決まっていれば大したものです。

しかし、それが例え日本でなければ出来ないことであっても、今の時代海外を知らず日本だけを知っているのは損失でしかありません。

日本が一番というのはもう何十年も前の話です。

世界を知り、日本を知り、自分を知らなければ、意味がないと僕は思います。

少なくとも、僕の周りで留学を後悔している人はいません。

ただ、留学中にもっと勉強なり、目的に向かって進んでおけば良かったと後悔している人はたくさんいます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる