【減量開始前に決めておこう】ダイエットする上で必ず心に刻んでおきたい5つのこと

目次

少しの甘えがダイエットの失敗につながる

少しの甘えがダイエットの失敗につながることは多々ある。

だけれども、絶対に全て絶とうという意味ではない。

ダイエットの邪魔にならないものを食べながら減量のストレスを減らしていくことが結果としてうまくいく。

しかし、食べてはいけないものは、食べてはいけないと誓おう。

たとえポテチ1枚くらいはダイエットには大きく影響しないだろう。

だが、本当に1枚で済むだろうか。それが、2枚、3枚と続いてしまうのは間違いない。

だからこそ、食べないものリストを作り、それを厳守しよう。

破った場合は次の日から3日間断食くらいの罰則を自分でも設定してもいいかもれない。

食べて良いもの、食べてはダメなものがハッキリすればまず、ダメなものは全て家から破棄しよう。

お菓子はもちろん、揚げ物であればパン粉なども不要だ。

まずはそういったものを作って、捨てていくことをお勧めする。

ちなみにこれが僕が12kg痩せた時に誓ったNGフードである。

● 砂糖と小麦を使ったお菓子(ダイエット用のお菓子はストレス回避のためOK)
● 家で飲む酒(外食は大概接待のため不可)
● 揚げ物
● ササミと赤身肉以外の全てのお肉
● 白米とパン、雑穀含む(雑穀米は良いのだが、あると自分の場合食べすぎてしまうので排除)

ダイエットに失敗する原因は生活習慣にあり!

ダイエットに失敗する理由は生活習慣である。

この生活習慣に惰性があるから、結局食べてしまう、体を動かさないなどの悪い流れが生まれてしまうのだ。

生活習慣をそっくりそのまま痩せている人や、トレーナーの人に合わせることが出来れば痩せてしまう。

そこで、必要なのは、比較だ。

あなたが理想とする人とあなた自身との習慣の違いを比較してみよう。まずは、忠実に再現してみること。関係ないと思うことでも真似することであなた自身のメンタルやダイエットに影響が出てくるかもしれない。

比較した上でやることは、2ステップ。

いきなり何か新しい習慣を取り入れるのは思っている以上にハードルが高いし、続けるのが大変。そこでオススメなのが、これも、やめることを決めることだ。

自分の習慣と比較して、他の人が絶対にやっていない習慣があればそれをやめてみる

そして、自分の無駄な習慣が取り払われて、時間が出来たところに新しい良い習慣を取り入れるというのが良いだろう。

以下は僕が最初に取り組んだ捨てた習慣である。

● テレビを1時間以上見る
● 朝9時以降も寝ている
● 夜の外食は週1回まで(接待時は別)
● 冷凍食品は食べない
● 余ったものは冷凍して、無理矢理全て食べない
● 腹一杯まで食べない
● エスカレーター・エレベーターを使わない(5階まで)

ダイエットはゴールじゃない

ダイエッターの多くが勘違いをしている。

痩せることは手段であって、目的ではない。

目的は自分で決めないといけない。

ダイエットをして〜というゴールに達成する。

なぜ減量すべきなのかを自問自答しないうちからダイエットをしても絶対に挫折する。

さらに言うなれば、期限のない、そして定量的でないゴールは絶対に達成されない。

そういった意味でダイエットする上でのゴールは必ず作っておきましょう!

僕の目標、モチベーションは以下でした!

結婚式までに絶対に-10kgは落として、20代の体重に戻りたい。
尿酸値が異常値が出たので、健康体になって尿酸値を正常値にしたい。
美味しいものを思いっきり食べても罪悪感に苛まれる体でいたくない。

この3つが僕の主なモチベーションでした。

期限、数値目標、第三者目線この3つを基軸に考えるといいゴールが生まれやすいかと思います。

以上3つは是非とも作業ですが、ダイエットを始める前にやっていただきたいです!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる