留学に英語力は不要!現地で英語力を飛躍的に上げる3つのポイント

目次

英語力とは何か?

英語力とは何を指しているのか。

ここではっきりと読者の皆様に勘違いさせないように言っておきたい。

「 ABCも、基本的な文法もわからないでも留学できるよ!」

ということが伝えたいわけではないです。

英語力とはつまり、英会話を使って物事を進めていくことを指しています。

基礎英語力、最低限中学生レベルの英語力がないようであれば門前払いなので留学する前にしっかりと日本で基礎をつけることをオススメします。

(あなたが本当にまだ小学生や中学生ならば勉強せずに行ってもいいかもしれない。多少は辛い思いはするかもしれないが、ハングリー精神が身につくかと。)

偉そうなことを言いましたが、私自身も中学校初めての英語テストはクラスで最下位でした。

そこで勉強し、中3には英検準2級までは独力で取り、今に至ります。

英語はやる気次第でいくらでも学べると思いますが、英語力は正直場数かなぁと思っています。

実際にネイティブスピーカーなり、そうでなくとも英語で何か壁を乗り越える経験をいくつこなすかだと思います。

喋っていれば、当然知らない表現や単語が出てきます。

それはレベルがいくら上がっても一緒。日本語でも知らない単語があるのと一緒です。

その時にいかに話を前に進める交渉力、突破力を英語で身につけるかは現地に行かないと身につかない気がします。

もちろん日本でインターナショナルスクールや英語が喋れなくても外人コミュニティばっかりに浸れる勇気があれば話は別かなと。

でも向こうにいても、その英語力が身につく人とそうでない人が出てきます。理由は大きく分けて3つあります。

1つずつ話して行きますね。

① 日本人コミュニティに入り浸らない

英語力を鍛えたいのに、全く別のことをしている人です。

日本語力は保てるかもしれませんが、留学して何をしているんだという人たちですね。

正直、僕も日本人コミュニティにいました。

いまだに仲もいいですし、一緒にいると心地よいです。

これを心理学的にはコンフォートゾーンと言いますが、ここにいると得る経験や知識が少ないと言われています。

自分が壁を破るには、その壁を破ったフェアゾーン<ラーニングゾーン<グロースゾーンにいることが大事とされています。

しかし、もちろんずっとグロースゾーンにいればいるほど、成長は出来るけれどもストレスが溜まる状態です。

このコンフォートゾーンからグロースゾーンの使い分けが非常に大事になってきます。

特に留学当初は、現地にいるだけでストレス過多になります。

日本人コミュニティに入ることが悪ではなく、入り浸るのが良くないというのは覚えておくといいかもしれません。

② 受動的ではなく、能動的に動くこと

これは僕が留学中に特に意識していたことですね。

興味があること、集まり、クラブには積極的に参加することです。

終いには自分でイベントをやってしまってもいいかと思います。

アメリカの大学は自由です。

こんなイベントがやりたい。

こんな事に興味がある人と繋がりたい。

こんな創作がしたい。

どんどん発信してもいいし、繋がっていくことが大事です。

そうすれば、英語力はあなたの好奇心の後に少しずつ付いてきます。

難しいタイトルをつけましたが、簡単にいうと留学生活を生半可に楽しむのではなく、死ぬ程楽しめばいいということですね。

正直浮くと思いますが、アメリカなんぞ浮いてナンボです。

それで非難してくる奴がいれば無視でいいと思います。

③ 特技を1つ持ち、さらに深める

「 英語力と特技何が関係あるんだろう。」

と思われるかもしれません。

しかし、特技が何かあると、その武器を軸に留学生活を展開することが出来ます。

僕の場合は、それが料理とテニスでした。

特技と言いますが、そこまで特技でなくても大丈夫です。

料理なんかは、クックパッドのプレミア会員になり1位の料理を作りまくれば多くの人は大抵褒めてくれます。

それを繰り返していれば何となく料理が好きになりますし、唐突に頼まれても出来る様になります。

テニスに関しては中学・高校からやっていたので人よりは得意だったかもしれません。

なので、留学する前に何か準備をするなら武器となるものを1つ作っておくといいかもしれません。

絵を描くことでもいいし、スポーツでもいいかと思います。

また、さらに深めていくことを周りを巻き込んでいくということです。

料理を作って、パーティーをする。

テニスが上手くなりたいから、人を誘う。

周りを巻き込むことで、人間関係が深まり、会話をすることが自動的に生じてくるので英語力も向上して行きます。

一目置かれる分野で活躍できるので、自分としても会話の主導権を握りやすく、人種や文化の壁を越えやすいです。

英語力を飛躍的に上げる3つのポイント

英語力とは、英語力とはつまり、英会話を使って物事を進めていくこと。

その力を高めていくためには、場数を踏む必要がある!その場数を増やすためには、

① 日本人コミュニティだけでなく、コンフォートゾーンを飛び出す。

② 留学生活を能動的に動いて楽しむ。

③ 特技を増やして周りを巻き込む。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる