ロゴ
活動内容
2015.02.03
第3回 国連防災世界会議 パブリック・フォーラム 開催案内
第3回 国連防災世界会議 パブリック・フォーラム(158)
3rd UN WCDRR Public Forum (158)

「サイバー・フィジカル融合社会のレジリエント生活空間の創成ワークショップ」
Workshop on "Establishing Resilient Life-Space in the Cyber-Physical Integrated Society"
Big Data駆動のスマート・サイバーフィジカル融合社会システム、情報システム・サービスの常用性確保、
災害対策Resilientモバイルネットワークについて議論します。
Focuses
1) Big Data Driven Systems for Smart Cyber-Physical Integrated Society
2) In Common use of Information systems and services
3) Resilient Mobile Networks for Disaster Recovery.


【主催】
東北大学サイバーサイエンスセンター
日本学術振興会先導的研究開発委員会「クライシスに強い社会・生活空間創成」
Tohoku University Cyberscience Center and JSPS FRDC "Conctruction of Resillient Social and Life Space"
support the Third UN World Conference on Disaster Risk Reduction.


【日 時】
2015年3月17日(火)13:00~19:30

【場 所】
仙台市民会館 第1会議室

【プログラム】
───────────────────────────────────
13:00-16:00 クライシスに強い社会・生活空間の創成
司会:国立情報学研究所 教授 曽根原登
National Instituteof Informatics, Professor, Noboru Sonehara
───────────────────────────────────
■挨拶
仙台市役所 仙台市まちづくり政策局情報政策部 部長 今井建彦
Sendai City,  Information Policy Department, Senior Director, Takehiko Imai
「東日本大震災からの教訓」( PDF/1.3M
"Lessons from the Great East Japan Earthquake"

■講演
東北大学 教授 曽根秀昭
Tohoku University, Professor, Hideaki Sone
「災害に強い町づくりにおける大学キャンパスのICT」( PDF/733K
"ICT Infrastructure of University Campuses in Disaster-Resistant City Plans"
㈱サイバーフィジカルシステム研究所 代表取締役 曽根高則義
Institute of Cyber-Physical Systems, Inc. , Chief Executive Officer , Noriyoshi Sonetaka
「緊急時における移動通信技術の有効活用」
"Utilization of the mobile communication technology under the state of emergency"
国立情報学研究所 教授 山田茂樹
National Institute of Informatics, Professor, Shigeki Yamada
「災害に強いバックボーンネットワークとアクセスネットワーク」( PDF/2.4M
"Disaster-Resilient Backbone and Access Networks"
国立情報学研究所 特任研究員 一藤裕
National Institute of Informatics, Project Researcher, Yu Ichifuji
「宿泊施設のWeb予約データを利用した災害復興状況の推定」( PDF/674K
"Estimation of disaster recovery condition based on Web reservation data"
国立情報学研究所 特任研究員 田中優子
National Institute of Informatics, Project Researcher, Yuko Tanaka
「東日本大震災におけるデマ拡散行動の心理的要因」( PDF/2.8M
"Psychological factors in rumor propagation after the Great East Japan Earthquake."
高知医療再生機構 理事長 倉本秋
Kochi Organization for Medical Reformation and Renewal, President, Shu Kuramoto
「災害時に医療情報をどう共有し、医療材料・薬剤をどう確保するか」( PDF/2.7M
"How to identify personal medical information and to make medical supplies and medicines available at the time of disaster. "
石巻専修大学 経営学部 教授 湊信吾
Ishinomaki Senshu University, Professor, Faculty of Business Administration, Shingo Minato
「被災地における大学の役割と震災後の取り組み」( PDF/4.7M
"The Role of the University in the Area Affected by the 2011 Great East Japan Earthquake."

───────────────────────────────────
16:30-17:30 パネルセッション Panel session
司会:国立情報学研究所 教授 山田茂樹
National Institute of Informatics, Professor, Shigeki Yamada
───────────────────────────────────
東京電機大学 未来科学部長・教授 安田浩
Tokyo Denki University, Dean, School of Science and Technology for Future Life, Professor, Hiroshi Yasuda
早稲田大学 国際情報通信研究科 教授 津田俊隆 ( PDF/2.1M
Waseda University, Professor, Toshitaka Tsuda
統計数理研究所 副所長・教授 椿広計 ( PDF/164K
The Institute of Statistical Mathematics, Professor, Hiroe Tsubaki

───────────────────────────────────
18:00-19:30 デモセッション Demo session
───────────────────────────────────
株式会社NTTドコモ 東北復興新生支援室 内藤 宣仁 ( PDF/1.6M
TOHOKU Reconstruction Support Office, NTT DOCOMO, INC. , Norihito NAITO
株式会社NTTドコモ 移動機開発部 課長 渋谷 彰
Communication Device Development Department, NTT DOCOMO, INC. Akira SHIBUTANI
「防災・減災のために何が出来るか?-ドコモの復興支援活動とポータブルSIMを活用した救命デモの紹介」
"What DOCOMO Can Do for Disaster Risk Reduction? - Reconstruction Support and Demonstration of Potable SIM"
日本電気株式会社 山垣則夫 ( PDF1/379K ( PDF2/722K
NEC Corporation, Norio YAMAGAKI
日本電気株式会社 木下峻一
NEC Corporation, Shunichi Kinoshita
「大規模災害においても通信を確保する無線アクセスポイント」
"Wireless LAN Access Points guaranteeing communications even during large-scale disasters"
東北大学 教授 曽根秀昭
Tohoku University, Professor, Hideaki Sone
東北大学 准教授 後藤英昭
Tohoku University, Associate Professor, Hideaki Goto
「耐災害認証システムと安全で強靭なWi-Fiサービス」( PDF/1.1M
"Disaster-tolerant authentication system for secure and resilient Wi-Fi services"
国立情報学研究所 博士研究員(DAAD) マティアス ヘルリッヒ
National Institute of Informatics, Postdoctoral Scholar (DAAD), Matthias Herlich
国立情報学研究所 教授 山田茂樹 委員
National Institute of Informatics, Professor, Shigeki Yamada
「災害復旧用無線マルチホップネットワーク」
"Wireless Multihop Network for Disaster"



───────────────────────────────────
【実行委員長】
東北大学 サイバーサイエンスセンター 教授 曽根秀昭
【副実行委員長】
仙台市まちづくり政策局情報政策部 部長 今井建彦 
国立情報学研究所 教授 曽根原 登
㈱エヌ・ティ・ティ・ドコモ 東北復興新生支援室 担当課長 遊橋裕泰
───────────────────────────────────


pubfo sendai
サイバー・フィジカル融合社会のレジリエント生活空間の創成ワークショップ
日本語ページ英語ページ

pubfo sendai:第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム(市民向けイベント)・検索サイト